So-net無料ブログ作成

ダンダリン 視聴率 大コケ [ダンダリン 視聴率 大コケ]

ダンダリン 視聴率 大コケ
ドラマ ダンダリン 大コケ…竹内結子の“役者魂”が裏目か


<自分で魅力を殺している>
「それにしても、ひどすぎる」
日本テレビ局内でも、そんな声が上がっているんだとか。

日テレで水曜午後10時放送中のドラマ「ダンダリン」。
10月2日の初回視聴率こそ11.3%だったが、30日の5回目は、ナント5.2%まで急降下した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
「30日の回は日本シリーズ中継の延長で、放送が深夜にズレ込んでしまったにせよ、7%台をうろちょろしている低空飛行に変わりはない。局の幹部連中はカリカリしてます」(日テレ関係者)

もう少し数字を取ってもおかしくない。
その条件はそろっているというのだ。

確かに主演は、「ストロベリーナイト」(フジテレビ)などのヒットドラマで知られる人気女優の竹内結子(33)。
竹内演じる段田凛は、ブラック企業に立ち向かう「労働基準監督官」と、内容もイマドキだ。
脇には、人気若手俳優の松坂桃李(25)を置くなど、女性視聴者対策もバッチリ。
それなのに、なぜ?

ある制作スタッフは、「竹内の“役者魂”のせいでしょうが、自分で自分の魅力を殺してしまっている」とこう言う。
「竹内はストロベリーナイトの姫川役のようにズケズケものを言って型にはまらない、自由でしなやかな感じの役柄の方が輝く。ところが、ダンダリンは真逆です。お堅い労働基準監督官役のうえに、竹内が漫画の原作に似せようとして、動作までロボットみたいにギクシャクさせている。女性視聴者からも『かわいくない』という声が上がっているそうです」

こんなうがった見方もある。
「ドラマに共感しそうなブラック企業で働かされている社員は、平日の夜にのんびりドラマを見ている心の余裕がない。のんびり視聴できるのは、社員を働かせてふんぞり返っているブラックな連中でしょうが、自分たちが悪者のドラマなんて、見る気もしないでしょうね」(放送作家)

アテが外れたか。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。