So-net無料ブログ作成
検索選択

あまちゃん CD 潮騒のメモリー じぇ! [あまちゃん CD 潮騒のメモリー じぇ!]

あまちゃん CD 潮騒のメモリー
じぇ!キョンキョン「潮騒のメモリー」緊急発売


NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(月~土曜前8:0)に出演中の女優、小泉今日子(47)が役柄の天野春子名義で挿入歌「潮騒のメモリー」を31日に緊急発売することが19日、分かった。

同作では、1986年に公開されたアイドル映画「潮騒のメモリー」の大ヒット主題歌という設定で作られたオリジナル曲で、脚本の宮藤官九郎(43)が作詞し、オープニング曲を手がける大友良英氏(53)らが作曲を担当。
5月に春子がカラオケで歌うシーンがオンエアされるや、懐かしいメロディーとクドカンワールド全開の詞が話題を呼び、同局にはCD化を熱望する声が殺到していた。

さらに「潮騒-」は劇中で、同映画の主演女優を務める鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子=49)自身が歌い大ヒットしたという設定だったが、19日分の放送で、実は17歳の春子が鈴鹿の影武者として歌っていた事実が発覚。
今回は、当時の春子が歌う「潮騒-」として発売される。

アイドルを目指していた春子のCDデビューの夢がドラマの世界を超え現実化。
小泉も大喜びし「楽曲の世界観を大切に、もう全力で17歳のマーメイドな気分で歌いました」とコメントした。
記事を確認する。 (SANSPO.COM より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん 小ネタ 昭和40年生まれ [あまちゃん 小ネタ 昭和40年生まれ]

あまちゃん 小ネタ 昭和40年生まれ
あまちゃん キャスティングの妙 昭和40年生まれがズラリ!


朝ドラ「あまちゃん」が醸し出す、なんともいえない不思議なリアリティーについて、もしかするとその秘密は「昭和40年生まれ」なのではないかという説が、車を運転中にカーラジオからチラッと聞こえてきた。

ウチに帰り、あわててパソコンで検索してみた。
都市伝説というほどじゃないけど、ねらってキャスティングしたのだとしたら、やっぱり「あまちゃん」スタッフはスゴイかも。
以下がその結果です。

・小泉今日子(ヒロイン・アキちゃんの母・春子)=41年2月生まれ
・尾美としのり(アキちゃんの父で、春子の元夫)=40年12月生まれ
・杉本哲太(北三陸駅駅長で、春子の幼なじみ)=40年7月生まれ
・吹越満(北三陸市観光協会会長)=40年2月生まれ
・八木亜希子(アキちゃんの親友・ユイちゃんの母)=40年6月生まれ
・古田新太(芸能プロデューサー、通称「太巻」。
かつて上京した春子の運命を左右したらしい)=40年12月生まれ
・薬師丸ひろ子(春子が憧れ、アキちゃんも憧れる女優・鈴鹿ひろ美。
ひょんなことからアキちゃんが付き人となる)=39年6月生まれ

…とまあ、ざっと7人の主要キャストが昭和40年生まれ(もしくはその前後だったり同学年)であることが判明した。

そして、中心にいるのが“なんてったって元アイドル”の小泉今日子=なのだから、アキちゃんが何言ってもかなうわけない。
ユイちゃんが髪の毛を脱色してグレてみても、春子の説教一発で回復。
昭和40年生まれってけっこうスゴイんだ…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2013 夏ドラマ 視聴率 [2013 夏ドラマ 視聴率]

2013 夏ドラマ 視聴率
充実“夏ドラマ”を大解剖! 堺雅人「半沢直樹」絶好調、菜々子も奮闘


民放各局の夏ドラマがほぼ出そろった。
視聴率が早くも20%超えの大台に乗る作品が出るなど、良質なドラマが目立っている。

松嶋菜々子(39)が主演し、初回の平均視聴率17.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、2回目が15.9%と健闘中なのが「救命病棟24時」だ。
第5シリーズを迎え、松嶋は江口洋介(45)不在の穴を埋める奮闘ぶり。

ドラマに詳しいライターの田幸和歌子氏は、「江口不在の欠落感は否めない部分もあるが十分、楽しみ。注目は、松嶋演じる小島楓の“変化”。以前はもっと正義感が強く、アツかった気がするが、恐らく現在に至るまでのどこかで、何かがあったのではないか。その過去が丁寧に描かれてほしい」と期待する。
新キャストの時任三郎(55)や、同じく佐々木蔵之介(45)が演じるクセのある医長役もドラマファンには楽しみだろう。

絶好調なのは堺雅人(39)主演のTBS系日曜劇場「半沢直樹」だ。
視聴率は初回が19.4%、第2回は21.8%と大ヒットのパターン。
直木賞作家、池井戸潤氏の人気小説を原作にバブル期入社の型破りバンカーの闘いを描く。
「最大の魅力は痛快感。堺が演じる半沢の、主義主張をきっちり通すところは見ていて気持ちが良い。話の運びもスピーディーかつスリリング。『やられたらやり返す。倍返しだ』の決めゼリフも確立している。復讐劇としても、群像劇としても見応えたっぷり」

豪華役者陣による重厚な世界観はTBSのお家芸。
21日は参院選特番で放送がないことが次週にどう影響するか。

復活ドラマとして話題のフジ系「ショムニ2013」の主演はもちろん江角マキコ(46)。
それ以外は新メンバーだ。
「江角の美しいビジュアルは健在。画面の構図も空気感もオリジナルを踏襲し、リスペクトを感じさせるものになっている」(田幸氏)

日本テレビ系の同じ放送枠では、演技派女優、満島ひかり(27)の民放ドラマ初主演「Woman」。
シングルマザーが厳しい環境の中で懸命に生き抜く姿を描く。
民放では珍しくなったストレートな社会派ドラマだけに、根強いファンが付きそうだ…
続きを読む--- (Yahoo! より引用)




安室奈美恵 アルバム 最新 feel [安室奈美恵 アルバム 最新 feel]

安室奈美恵 アルバム 最新 feel
安室奈美恵、最新アルバム「FEEL」が2013年アルバム売り上げ首位に


歌手の安室奈美恵が10日にリリースした10作目のオリジナルアルバム「FEEL」が、発売初週で24.8万枚を売り上げ、7月22日付オリコン週間アルバムランキングで自身通算11作目となる初登場1位を獲得した。
初週売上24.8万枚は、きゃりーぱみゅぱみゅの6月26日発売のアルバム「なんだこれくしょん」が記録した12.6万枚を大幅に上回り、7月16日現在で2013年ソロアーティストのトップ記録となった。

今作「FEEL」は、レディー・ガガの新作への参加も噂の世界的人気を誇るZeddなど、海外の気鋭クリエイターも多数参加した意欲作。
「FEEL=感じる」というコンセプトが表現された“見ざる、聞かざる、言わざる”の3ビジュアルがアルバムジャケットに起用されていることでも話題となった。
楽曲は、高層ビルでの泡パーティーとヘリポートでのミュージックビデオ撮影が話題となった「Hands On Me」や、TBS系ドラマ「空飛ぶ広報室」主題歌の「Contrail」、フジテレビ系「めざましテレビ」年間テーマソングとしてオンエア中の「Can You Feel This Love」、本人出演のコーセー「ESPRIQUE」テレビCMソング「Big Boys Cry」など全12曲が収録されている。

なお、今作を引っ提げての全国ツアー「namie amuro FEEL tour 2013」の開催も決定しており、8月16日の神奈川・よこすか芸術劇場公演を皮切りに、24都市24会場で40公演行う予定だ。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


ドラマ 半沢直樹 2話 視聴率 [ドラマ 半沢直樹 2話 視聴率]

ドラマ 半沢直樹 2話 視聴率
大台突破!堺雅人主演「半沢直樹」第2話で21.8%


堺雅人(39)主演のTBS系連続ドラマ「半沢直樹」(日曜後9:00)の第2話が14日に放送され、平均視聴率が21.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

2時間スペシャルで放送された初回は19.4%を記録した同作。
重厚なドラマということもあり、初回の評判も上々で、盛り上がりが期待されていたが、前回より2.4ポイントも急上昇。
2話までの平均も20.2%とし、こちらも早くも大台を超えた。
今クールの連続ドラマでもテレビ朝日「DOCTORS2 最強の名医」が初回で記録した19.6%を一気に抜き去り、再びトップに躍り出た。

直木賞作家、池井戸潤氏の人気小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」の初の映像化。
4月に女優の菅野美穂(35)と結婚した俳優の堺は既婚者となってから初のドラマ。
堺が演じるのはバブル期に入行し、上司に啖呵(たんか)を切って間違いを指摘する真っすぐな性格を持つ銀行員・半沢直樹。
“敵”を追い詰める攻撃的な顔と、部下や家族への優しい顔の両面を持つサラリーマンのヒーローのような主人公の活躍を描く。

半沢は妻と幼い子供がいる設定で、弁が立つ主人公を明るく爽やかに支える妻・花役には上戸彩(27)が挑む。
上戸も昨年9月にEXILEのHIRO(44)と結婚後初の連続ドラマ出演で、堺と上戸は同局の「ひと夏のパパへ」(03年)以来10年ぶりの共演となる。
そのほかの共演は、主人公に理解ある常務役の香川照之(47)をはじめ、北大路欣也(70)、及川光博(43)、「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔(19)、壇蜜(32)ら。

第2話は、西大阪スチールの融資で5億円の不良債権を抱え込んだ半沢は自身が銀行員として生き残るため、融資金の回収に動く。
しかし、計画倒産し、5億円をだまし取った東田(宇梶剛士・50)は行方をくらましたまま。
半沢は東田に同じようにだまされ、連鎖倒産を余儀なくされた下請け会社元社長・竹下(赤井英和・53)らと協力することに。
やっとのことで、東田が海外に別荘を所有していることが突き止め、差し押さえに奔走。
だが同じ頃、国税局もその存在を突き止めており、差し押さえを巡って、国税局査察部統括官の黒崎(片岡愛之助・41)と激しい攻防が繰り広げられ…という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




マキダイ 演技 ひどい 町医者ジャンボ!! [マキダイ 演技 ひどい 町医者ジャンボ!!]

マキダイ 演技 ひどい 町医者ジャンボ!!
「EXILEの演技がヤバイ!?」MAKIDAI主演『町医者ジャンボ!!』の“大根ぶり”に激震


4日にスタートした連続ドラマ『町医者ジャンボ!!』(日本テレビ系/毎週木曜23:58~)で主演を務めるEXILE・MAKIDAIの演技が、「大根すぎる」と話題だ。

同ドラマは、港町の町医者を舞台に、破天荒だが腕利きの医師・ジャンボを演じるMAKIDAIと、看護婦役の若手人気女優・忽那汐里のダブル主演で送る医療ヒューマンドラマ。
初回視聴率は4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、過去の同枠のドラマと比べると健闘したといえるだろう。

連ドラ初主演となるMAKIDAIは、これまでも映画『白夜』(09年)や、『恋するナポリタン ~世界で一番おいしい愛され方~』(10年)で主演を務めたほか、劇団EXILEの舞台公演などに出演。
それなりに演技経験は積んでいるものの、連ドラへの出演は08年の連続テレビ小説『瞳』(NHK)のダンサー役以来、約5年ぶりとなる。

今回のMAKIDAIの演技を見た視聴者からは、「セリフが棒読み」「表情が変わらないから静止画みたい」「なんで主役にした?」と酷評の嵐。
EXILEのファンの間では、「MAKIDAIは見たいけど、評判が落ちるから早く打ち切ってほしい」と懇願する声まで上がっているという…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

救命病棟24時 江口洋介 進藤先生不在 [救命病棟24時 江口洋介 進藤先生不在]

救命病棟24時 江口洋介 降板 進藤先生不在
「進藤先生不在の『救命病棟24時』なんて!」江口洋介突然の降板に、視聴者の不満が爆発


連続ドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ系)の第5シリーズが9日にスタートし、初回視聴率17.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。
これまで全シリーズともに20%超えをキープしていただけに寂しい印象はあるものの、今期の連ドラの中では、19.4%をマークした『半沢直樹』(TBS系)に続く好調ぶりだ。

第4シリーズまでは、江口洋介演じる天才外科医・進藤一生と、松嶋菜々子演じる小島楓という2人の救命のスペシャリストを主人公に、救命医療の現場をリアルに描いてきた。
しかし、第5シリーズで江口が降板、代わりに脳外科医役の時任三郎がメインキャストへ追加された。

初回では、楓(松嶋)が医局長に着任した救命救急センターが、臓器提供のスペシャリストである夏目衛(時任)を招聘。
都内で大勢が刺される事件と爆発事故が同時に発生し、患者が次々と運ばれるも、医師同士の意思疎通がうまくいかず、連携が取れない状況が描かれた。

時任の登場と、状況説明に終始した印象の初回だが、放送後には早くも「江口さんがいなくなって、つまらなくなった」「主役不在で方向性がブレてしまった」「進藤先生のいない救命病棟なんて、見る気にならない」といった意見がネットにあふれた。

また、第3、第4シリーズでは、国際人道支援医師団医師の進藤がアフリカから帰国するシーンから始まったため、「進藤先生は、またフラッとアフリカから戻ってくる」と諦めきれない視聴者もいるようだ。

「江口さんは、一度出演を引き受けたにもかかわらず、撮影直前に降板を申し入れ、フジ内は大混乱。
その頃から、局内では『江口不在で高視聴率が取れるのか?』という不穏な空気が漂っていたそうです…
続きを読む--- (ネタりか より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん ネタバレ 16週 あらすじ [あまちゃん ネタバレ 16週 あらすじ]

あまちゃん ネタバレ 16週 あらすじ
糸井重里と清水ミチコが「あまちゃん」で歌番組の司会に挑戦! 「あまちゃん」の故郷編も総集編で放送!!


連続テレビ小説「あまちゃん」の7月15日(月)から放送される第16週に、糸井重里と清水ミチコがゲスト出演することが分かった。
糸井と清水は春子(小泉今日子)の回想シーンで、'80年代に一世を風靡した架空の歌番組「夜のベストヒットテン」の司会者として登場する。

糸井は「毎日見ている番組の中に入り込むのですから、うれしい以上の気持ちがありました。小泉今日子さんが付添いのように待っていてくれたこと、ありがとうございました。清水ミチコさん、せりふの特訓ありがとうございました(にもかかわらずお役に立てずに悪かったな~)。能年玲奈さん、一緒に写真撮ってくれてありがとうございました。ある種、竜宮城のなかにいるようでした」と喜び声を寄せた。

一方の清水も「糸井さんとはよく一緒にカラオケに行くのですが、今回『あまちゃん』の中で、二人が並んでマイクを持てるなんて夢のようでした。なんでも『この役は清水ミチコさんがいいんじゃない?』と推薦してくださったのは小泉今日子さんだったとか。出演者の皆さんも素晴らしいのですが、スタッフさんもクスクス笑いをこらえておられた姿など、終始明るい現場だったあの空気が忘れられません」と、撮影中の現場の雰囲気を絶賛した。

糸井と清水がゲスト出演する第16週では、'10年の正月に北三陸に帰省したアキ(能年玲奈)が実家で初出演ドラマを見るものの、せりふが全てカットされていてショックを受ける。
自信をなくしたアキは東京には戻らず、海女カフェで働き始める。
だが、ユイ(橋本愛)の激励に奮起し、再び東京へ行くことに。
出発の際に春子から渡された手紙を読んだアキは、春子と荒巻(古田新太)、ひろ美(薬師丸ひろ子)の過去を知り、衝撃を受ける。

また、7月14日(日)には連続テレビ小説「あまちゃん」総集編を放送。
アキが北三陸でさまざまな人と出会って海女を目指し、挫折や奮闘の後に地元のアイドルになり、さらに東京の芸能プロダクションにスカウトされて上京するという、6月までの故郷編を振り返る。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

銀魂 映画 完結編 [銀魂 映画 完結編]

銀魂 映画 完結編
劇場版銀魂 完結篇 前作対比140%のロケットスタート!


■「劇場版銀魂 完結篇」週末興収 大ヒットの前作を大幅超、対比140%のロケットスタート

7月6日に全国公開した『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が、猛烈なスタートを切った。
映画公開の最初の週末7月6日、7日の2日間の興行収入が2億8185万9900円となった。

この数字は、予想を大きく超える大ヒットと話題を呼んだ2010年公開の前作『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』対比で140%以上(40%増以上)にあたる。
最終興収も前作を大きく上回る可能性も高くなってきた。

アニメ映画としても、大きなヒットになる。
スクリーンごとの売り上げを示すスクリーンアベレッジは221万146円と同日公開された作品のなかでトップの成績だった。
公開劇場数は127館と少ないわけでないが、人気の高さから数多くのファンが劇場に足を向けた結果といえる。
さらに各種ユーザーレビューサイトの評価も絶好調と、今後は口コミによる拡大も期待出来そうだ。
その内容と伴に、“完結篇”を掲げる本作に相応しい数字を残すことがいまから期待される。

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)での空知英秋さんが連載する人気マンガの劇場映画第2作である。
テレビアニメ開始から7年、劇場版として2作目となる。

原作者が自らストーリーとキャラクター原案を担当、さらに“完結篇”と銘打ち、『銀魂』の過去、現在、そして未来を巡る壮大な大団円となった。
この夏の話題作である。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ショムニ2013 旧メンバー 1話 出演 [ショムニ2013 旧メンバー 1話 出演]

ショムニ2013 旧メンバー 1話 出演
「ショムニ2013」にオリジナルメンバーが出演決定! 高橋由美子、京野ことみ、櫻井淳子ら


10年ぶりに復活するフジテレビ系ドラマ「ショムニ2013」。
10日の第1回放送に、高橋由美子や京野ことみら10年前のオリジナルショムニメンバーがスペシャルゲストとして登場することが8日、わかった。

フジテレビが満を持して投入する人気シリーズ「ショムニ」の最新作。
今作では主要キャストを一新し、本田翼やベッキー、安藤サクラ、森カンナ、堀内敬子といったフレッシュな顔ぶれに注目が集まっているが、その一方で前作までに登場したメンバーの出演を望む声も多い。
そうした声に応えるべく、なんとオリジナルメンバーの出演が決定。
江角マキコ演じる主人公・坪井千夏にエールを送ろうと、高橋由美子、京野ことみ、櫻井淳子、戸田恵子、森本レオ、そして高橋克実という、ショムニファンにはおなじみの豪華俳優陣が駆けつけることとなった。

10年前のシリーズ当時のメンバーやスタッフは、以降も毎年集まり交流を深めていたという。
それだけに、先日行われた収録では当時と変わらぬチームワークで息もぴったり。
和気あいあいの雰囲気の中、撮影が行われた。

今回の“復活”に、日向リエ役の高橋由美子は、「10年ぶりだったのでこんな芝居だったかなぁとやってみたら鈴木監督にパワーアップし過ぎと言われ恥ずかしかったです。昔の撮影時の話で花が咲いて久々に笑い通しの撮影でした」とコメント。
そのほか、塚原佐和子役の京野、宮下佳奈役の櫻井、徳永あずさ役の戸田もそれぞれ、「10年たっても、私の中に塚原が、まだいました」(京野)、「久しぶりの『ショムニ』…でも、10年も時が経ったとは思えないくらいのチームワークでしたよ!楽しかったわ。ぜひご覧ください!」(櫻井)、「きっと天国の伊藤俊人がひっくり返ってますよ(笑)。
久しぶりに“あずさ”を演じることができてとても楽しかったです」(戸田)とのコメントを寄せている。

懐かしのオリジナルメンバーがどのような場面で登場し、そして新メンバーたちとどのように交わるのか、注目される。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。