So-net無料ブログ作成

安堂ロイド 視聴率 急降下 突っ込みどころ満載 [安堂ロイド 視聴率 急降下 突っ込みどころ満載]

安堂ロイド 視聴率 急降下 突っ込みどころ満載
視聴率急降下 “突っ込みどころ”しか見どころがない「安堂ロイド」の消化不良


「半沢直樹」の後番組ということで、注目度は今クール一番だった木村拓哉主演「安堂ロイド」(日曜21時~、TBS)。
しかし、第3話にして初回視聴率19.2%から6ポイントダウン、13.2%まで下落してしまった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

楽天マー君の好投で盛り上がりをみせた日本シリーズが裏番組。
前日の第1戦に続き世間の注目度が高まり、視聴率を奪われる要素はあった。
その点はTBSも想定内だったろうが、そこは、転んでもキムタクドラマ。
視聴率が下がる一方、ネット上では実況スレッドが乱立。
放送と同時にちゃちゃを入れたり、小ネタのまとめサイトが雨後のタケノコ状態で、カルト的な盛り上がりを見せている。

確かにクビをかしげる内容ばかりだ。
殺された主人公の沫嶋黎士と、沫嶋そっくりの容姿になるようプログラミングされ、クライアントの要望で敵を殺害する悪魔のOSが搭載されたロイド。
キムタクはあくまで沫嶋黎士絡みの1人2役を演じているのだが、例えば第3話のロイドが遠い過去の記憶にうなされ、沫嶋とは関係のない回想シーンでもキムタクが武装して登場したり、沫嶋は「外食しない」設定のはずなのに、恋人役の柴咲コウと焼き肉屋デートを楽しむシーンがあったり……。

コラムニストの桧山珠美氏もこう言う。
「100年後の未来からやってきたアンドロイドのくせに殺害手段は現実的なピストルやナイフ。ヒトがタクシーで移動するのと同じ時間をかけて瞬間移動してみたり、とにかく次回の視聴につなげようと必死で“謎解きのエサ”をまき散らかしている印象です。今後の放送で視聴者が消化不良の要素がきちんと回収できることを願うばかりですが、ドラマというより脳トレだと割り切り、突っ込みどころを探す方が視聴法としては賢明かもしれません……」

「間違い探し」や「脳トレ」の声も視聴率が「半沢直樹」の“半返し”では言い訳できない。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ルームメイト 深田恭子 北川景子 キス感想 [ルームメイト 深田恭子 北川景子 キス感想]

ルームメイト 深田恭子 北川景子 キス感想
深田恭子&北川景子、女性同士のキス初挑戦「柔らかかった


女優の深田恭子、北川景子が30日、映画『ルームメイト』(11月9日公開)完成披露会見&舞台あいさつに登壇した。
同作の終盤、深田と北川によるキスシーンがあり、二人とも女性とのキスはこれが初体験。
感想を求められると「柔らかかった」と互いを見合い、照れ笑を浮かべた。

キスシーン撮影前、北川は「恭子ちゃんとキスができると胸が高なった。終わった後は恥ずかしかった」。
一方、深田も「緊張していた。けどスタッフさんたちの緊張もすごかった」と初体験を振り返った。

今春亡くなった本格ミステリー作家の今邑彩氏が、1997年に発表した同名小説を原案とした同作。
春海(北川)と麗子(深田)は意気投合し、ルームシェアを始め順風な生活を送るが、麗子が不可解な行動を取り始める――。

サスペンス映画だけに現場も殺伐とした雰囲気と思いきや、「先輩ですけど、恭子ちゃんが同年代の友達みたいに接してくれて、学校みたいだった」と北川。
深田も「景子ちゃんが女子の結束力を高めてくれた。すごく楽しかった」と“女子会”ムード溢れる初共演だったという。

イベントにはそのほか、俳優の高良健吾、古澤健監督、4人組ロックバンド・andropも駆けつけ、主題歌を披露した。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

秋新番組 次々爆死 芸人不要時代の到来か!? [秋新番組 次々爆死 芸人不要時代の到来か!?]

秋新番組 次々爆死 芸人不要時代の到来か!?
芸人不要時代の到来か!? 秋の新番組が次々と爆死


番組改編期に伴う秋の特番期も終盤に入り、続々と新番組がスタートしている。
そんな中、大物たちの新番組が初っ端から苦戦を強いられている。
特に、TBS系で始まったダウンタウンがメインを務める『100秒博士アカデミー』とウッチャンナンチャンの内村光良が司会をする『内村とザワつく夜』の視聴率がいずれも低視聴率を記録し、話題を集めている。

22日にスタートした両番組。
その視聴率は、『ザワつく夜』が平均4.0%で『100秒博士』が6.2%(共にビデオリサーチ調べ・関東地区)と21時.22時台としてはお世辞にも褒められない数字を記録。
こうした現状にネット上ではダウンタウンや内村といった大御所芸人たちが、いかに視聴者に求められていないかということが浮き彫りになったと囁かれている。

ダウンタウンらの世代の芸人が不要かどうかということはさておき、確かに今のテレビバラエティ界では芸人たちに対する扱いが変化してきている。
たとえば最近では、ディレクターや俳優などが海外ロケに行ったVTRをスタジオの芸人たちが見るという構成が流行している。
いくつか番組例を挙げると、『世界の村で発見!こんなところに日本人』(テレビ朝日系)、『ホムカミ ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~』(TBS系)、『世界の日本人妻は見た!』(TBS系)、『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)、『世界ナゼそこに?日本人』(テレビ東京系)、『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』(フジテレビ系)などなど。
いずれも昨年春から今年の秋にゴールデンタイムで放送を開始(またはリニューアル)した新番組ばかりだ。

かつて海外ロケの主役といえば若手芸人というのが定番だった。
しかし、今ではその座は裏方であるディレクターや他ジャンルのタレントが担っている。
若手芸人不足というわけではないのに、なぜこうした事態が起こってしまったのだろうか。
以前、民放キー局に出向していた経験を持つ現役の制作会社関係者に聞いてみた。

「VTRとはいえゴールデンタイムで流すには名前の売れている芸人が必要になってきます。しかし、今の時代は、名前が売れているからといってレギュラー番組を持っているような芸人さんというのは意外と少ないんですよ。たとえばFUJIWARAさんなどがいい例だと思います。ただ、そうした芸人さんというのは、レギュラーがない代わりにイベントなどの営業が多くて、スケジュールが組みづらく、それゆえ長期の海外ロケなどには向いていないんですよ。突発的な仕事も多いですから。逆にレギュラーの確定している芸人さんのほうがスケジュール調整は楽なんです。しかし、そうした芸人さんというのは、ギャラも高ければ、だいたいスタジオのひな壇芸人より格が上ですからね。VTR出演だけというわけにはいきません。そうした結果、ディレクターや俳優さんなどが海外ロケに行くようになったわけです」(制作会社関係者)

この関係者は、ディレクターがVTRを撮ってきてスタジオでそれをタレントが鑑賞するというスタイルの元祖は『笑ってコラえて』(日本テレビ系)と指摘する。
そして、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のように、若手芸人を現地ロケに使い、それを成功させている例があることを踏まえつつも、こうしたスタイルの番組が今のバラエティの流行であることを認める…
続きを読む--- (livedoorニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ほこ×たて イッテQ 明確な違い [ほこ×たて イッテQ 明確な違い]

ほこ×たて イッテQ 明確な違い
『ほこ×たて』ヤラセ騒動はなぜ起こったのか…『イッテQ』との明確な違い


当事者の告発によって明るみになった『ほこ×たて』(フジテレビ系)のヤラセ騒動。
これを受けてフジテレビは24日、「収録の順番や対戦の運営方法について不適切と思われる演出が確認された」とし、「放送を当面自粛する」と発表した。

ヤラセ騒動の内幕については各報道ですでに触れられているので、今記事では“なぜそれが起こったのか”について検証していきたい。
『ほこ×たて』の過剰演出の原因はどこにあるのだろうか。
現役のテレビマンに話を聞いてみた。

「収録した素材を編集して作り上げるのがVTRです。その際、順番がいろいろ変わってしまうのはよくあることです。いちいちVTRの構成通りに撮影していたら大変ですからね。効率の良い順番で撮影しています。今回の『ほこ×たて』では、対決の順番がアベコベになったり、編集によって結果が捏造されたりということが問題になっていますが、ある程度は仕方がないように思います。こちらとしては面白いVTRを作るのが仕事なわけですからね。編集で何とかなるようなら、僕でも同じことをしたかもしれません。ただ、結果を捻じ曲げてしまったのはやりすぎだったのではないでしょうか」(業界関係者)

また別の関係者は不動の人気を誇るバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)と『ほこ×たて』を比べてこんな指摘をする。
「『ほこ×たて』と同じVTRがメインの『イッテQ』の場合では、ロケ先でのあらゆる事態に備え、撮影の前から何通りもの台本が用意されていると聞きます。たとえば、内村さんがマグロ漁に挑戦するといった企画の場合では、釣れるのか釣れないのかだけでなく、いつどのタイミングで釣れるのかという点にまで焦点を絞って、いくつもの台本が用意されているというのです。『ほこ×たて』がどういったスタイルで撮影に臨んでいるのかわかりませんが、『イッテQ』では、かなり細かいところまで計算し、あらゆるハプニングに備えて台本を練り、VTRを作っているというわけです。そして、『イッテQ』のすごいところは、そうした作為がVTRからまったく感じないところですよね。ものすごく丁寧に作りこんでいるのに、抜群に面白いため、バラエティではネガティブな印象を与えてしまう作為が見事に隠れているのだと思います」(制作会社関係者)

元々用意した、刺激的で理想といえる台本に無理やりにでも合わせようとする『ほこ×たて』と、ロケ先のあらゆる事態に備えて、いくつもの台本を準備しているという『イッテQ』。
一見するとスタイルはまったく異なるが、両者に共通するのは“作り込んでいる”という点でもある。
だが、その作り込み方が、一方は撮影後の編集で、一方は撮影前の準備でという具合に異なる。
どちらがより労力を使うかといえば、もちろんそれは後者に決まっている。
理想の展開を想定し、それが撮影できなければパソコン上でデッチ上げてしまうというのなら誰でもできる…
続きを読む--- (livedoorニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドクターx 視聴率 2話 秋ドラトップ更新 [ドクターx 視聴率 2話 秋ドラトップ更新]

ドクターx 視聴率 2話 秋ドラトップ更新
米倉主演「ドクターX」第2話は23.1% 秋ドラトップ更新


米倉涼子(38)主演の日本テレビ系連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9:00)の第2話が24日に放送され、視聴率が23.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。

初回は22.8%で今秋ドラマでトップの好スタートを切った同作。
第2話ではこれを0.3%上回り、今期の民放の連続ドラマでトップの数字を更新した。
2話までの平均は22.9%。

昨年10月クールに放送され、全回を通じた平均視聴率が19.1%、最終回で最高の24.4%を記録し、昨年の民放連ドラトップを獲得した人気医療ドラマの続編。
特定の病院や大学医局に属さず、非常勤のスポット的な業務をこなす米倉演じるフリーランスの女医・大門未知子の破天荒な活躍を通して、医師の品格を問う。
今シリーズでは、未知子が「御意」の合言葉が飛び交う欲望と野望が渦巻く大学病院の本院という巨大組織に立ち向かう。
共演は、岸部一徳(66)、内田有紀(37)ら第一シリーズからのメンバーに、大学病院の濃い面々として藤木直人(41)、三田佳子(71)、西田敏行(65)、遠藤憲一(52)、笛木優子(34)、水沢エレナ(21)、笹野高史(65)らが加わった。

第2話は、帝都医科大学付属病院の外科で働くことになった未知子は外科統括部長の蛭間(西田)らの反感を買い、手術をさせてもらえない。
そんな中、定期健診で訪れた患者・二宮(寺田農・70)にがんが見つかる。
不動産王の二宮は病院に多額の寄付をしてきたVIPの患者で、蛭間が今年1月に執刀で直腸がんの手術をしたばかり。
手術ミスの可能性がある再発を認めるわけにいかない蛭間は、別の初期の見つかったと嘘の告知をする。
蛭間の取り巻きたちは必死に彼の工作に協力するが、術前検査の結果、外科的アプローチが困難な転移ガンまで発見される。
内科に引き渡すよう要求する内科統括部長の馬淵(三田)と蛭間の対立が激化する中、未知子が執刀を名乗り出るも、誰も相手にしない。
しかし、手術を強行しようとする蛭間は突然、未知子を第4助手に指名して…という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

リーガルハイ2 黛先生 学歴誤り [リーガルハイ2 黛先生 学歴誤り]

リーガルハイ2 黛先生 学歴誤り
リーガルハイ 学歴誤り謝罪、黛真知子先生のプロフィールに矛盾。


フジテレビは10月23日、堺雅人主演の連続ドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系)において、弁護士・黛真知子先生(新垣結衣)の学歴に誤りがあったとして、訂正とお詫びを公式サイトに掲載した。

掲載された「訂正とお詫び 黛真知子弁護士の学歴に関して」によると、黛先生が高校時代のクラスメイトだった熊井健悟(塚地武雅)から弁護依頼を受けた(※10月23日放送の第3話)ことを受け、一部の視聴者から「『リーガルハイ』公式HPのプロフィールと矛盾するのではないか」との指摘が寄せられたそう。

公式プロフィールでは、黛先生は“小学校から高校まで、お茶の水女子大附属に通っていた”とあった。
実在するお茶の水女子大附属は中学までは共学で、高校は女子校のため、“高校時代のクラスメイト(=男)からの依頼”は矛盾が生じるというわけだ。

この事態を受け、「黛先生ご本人に確認したところ、黛先生がお茶の水女子大附属に通われていたのは小、中学校までであり、高校は共学であるとのことでした」と訂正。
プロフィールも「小学校から中学校までお茶の水女子大学附属、高校は都立の共学校に進学」と変更された。

今回の件について、制作サイドは黛先生から「個人のプロフィールを公表するときは、必ず本人に確認をとりましょう。訴訟問題に発展することもあります」と指導されたそうで、「黛先生ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びするとともに、今後このようなことがないよう再発防止に努める所存です」と謝罪している。
記事を確認する。 (livedoorニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん 半沢 副作用 秋ドラマ 荒れ荒れ [あまちゃん 半沢 副作用 秋ドラマ 荒れ荒れ]

あまちゃん 半沢 副作用 秋ドラマ 荒れ荒れ
『あまちゃん』『半沢』の副作用で、10月のドラマが荒れに荒れている!


前クールのヒット作の副作用で、10月スタートの新ドラマが軒並み荒れている。

どんなジャンルであれ、ヒット作の直後というのは基本的に場が荒れるもので、それは誰もが2匹目のどじょうを狙うからである。
しかしそれはどじょうではなくよく見ると蛇であったりして、手を噛まれる可能性が高い。
毒蛇であれば局やタレントのイメージを傷つけ、視聴者のドラマ離れ、テレビ離れを招く致命傷になる。

今クールのドラマの傾向は、ひとことで言えば「コメディ偏重」である。
もっと言えば「ユーモアのあとのせサクサク感」と「パロディのふりかけによる間にあわせの味つけ」である。
これらはもちろん、『あまちゃん』の影響である。
しかし『あまちゃん』に責任はまったくない。
なぜならば、こういったユーモアのお手軽な解釈は、根本的な誤解に基づいているからである。
そして多くの制作者(フォロワー)はヒット作を支えた根本原理ではなく、表層的なフレーバーにのみ影響を受ける。

おそらくは、「もっとクドカン的な小ネタも挟みつつ」「随所にパロディとか入れちゃって」といった局側からのリクエストが頻発しているのだろう。
だがそれはユーモア重視の姿勢ではなく、むしろ軽視の姿勢である。
でなければ、ピザにトッピングを追加するような気軽な要求などできないはずだ。
ユーモアは上っ面にふりかけるのではなく、常に生地のほうに練り込まれる必要がある。

本来ユーモアとは根深いものである。
出したくなくてもついつい出てしまうような、ある種「業(ごう)」のようなものでもある。
ユーモアとは、その作者の根本的な物の見方、日常を切り取る視点から生まれるものであって、あとから追加注文できる類のものではない。
もし注文するならば、作者の物の見方や根本的な考え方から長期的に作り直す必要があるが、それでも成功率は極めて低いだろう。
それまでの人生観を丸ごと壊した後に再構築する必要がある。
だが人間の根本はそう簡単に変わるものではない…
続きを読む--- (ネタりか より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

能年玲奈 CM会見 天然キャラ炸裂 [能年玲奈 CM会見 天然キャラ炸裂]

能年玲奈 CM会見 天然キャラ炸裂
能年玲奈 CM会見で“本気食い” ドラマ終了後初公の場で天然キャラ炸裂


NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロイン役で国民的人気者となった女優の能年玲奈(20)が21日、アサヒフードアンドヘルスケアの「Natureve」果実ドルチェ新テレビCM発表会に出席。
9月の同ドラマ終了後初めて公の場に登場した。

海女のアキちゃんとして人気者となった能年が、同ドラマ終了後初の公の場で、パティシエに変身。
果実とナッツを使用したスイーツを、独特のゆったりとした口調でPRした。

「ベリーとがぎっしり詰まって、果実の酸味とビターチョコの組み合わせがとってもおいしいです」と商品を頬張り、モグモグ。
ウニの“本気取り”ならぬスイーツの“本気食い”を披露し、司会者から質問を投げかけられても、返事ができず、口を押さえ申し訳なさそうに「すみません」と水をゴックンと飲むなど、天然キャラのほのぼのムードを醸し出した。

新CMではクリクリの瞳を輝かせて、表情豊かにパティシエとして奮闘。
最後に発する「好き!」のセリフにあまちゃんファンがキュンとなるのは間違いなさそうだ。
同CMは23日から放送される。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

安堂ロイド 視聴率 2話 4ポイント下げ [安堂ロイド 視聴率 2話 4ポイント下げ]

安堂ロイド 視聴率 2話 4ポイント下げ
キムタク主演 安堂ロイド 第2話は15.2%


「SMAP」の木村拓哉(40)主演のTBSの日曜劇場「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」(日曜後9.00)の第2話が20日に放送され、視聴率が15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

19.2%を獲得した初回から4ポイント下げた。
2話までの平均は17.3%としている。

木村が100年先の未来から現代に送り込まれたアンドロイド・安堂ロイドと天才物理学者・沫嶋黎士(まつしま・れいじ)の2役で主演する時空を超えたラブストーリー。
同枠で最高37.6%(最終回)を記録した大ヒットしたドラマ「GOOD LUCK!!」(2003年1月クール)以来10年半ぶりの共演となる柴咲コウ(32)がヒロイン・安堂麻陽(あんどう・あさひ)を演じる。
共演は「AKB48」の大島優子(25)、桐谷健太(33)、本田翼(21)、山本美月(22)、遠藤憲一(52)ら。

第2話は、婚約者・黎士の突然の死でショックを受けた麻陽は地下鉄のホームで衝動的に電車に飛び込むが、黎士と瓜二つの謎の男・ロイドに助けられる。
麻陽は混乱したまま、部下の星(桐谷)と共に会社に戻るが、会社にも新たな暗殺者・キュリー(柿澤勇人.25)が侵入し、麻陽は再び命を狙われることに。
一方、麻陽が電車に飛び込んだ姿を目撃していた刑事の葦母(遠藤)は麻陽が1日に2度も殺されかけ、助けられていると気付き、麻陽には何か裏があると感じる。
そして、キュリーは麻陽のオフィスを訪ねていた黎士の妹・七瀬(大島)を人質に麻陽を呼び出し…という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

芸能ニュース 裏読み [芸能ニュース 裏読み]

芸能ニュース 裏読み
週刊裏読み芸能ニュース 10月13日から10月19日


(ドラマがコケまくった日本テレビ)
10月に入り各局の新しい連ドラがスタートしたが、17日の放送分まででトップ3は1位が米倉涼子主演の人気ドラマの続編「Doctor-X ~外科医・大門未知子~」の22.9%、続いて7月クールの主演ドラマ「半沢直樹」(TBS)が大ヒットした堺雅人主演ドラマの続編「リーガルハイ」の21.2%、3位がキムタクことSMAPの木村拓哉主演の「安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~」の19.2%だった。

そんな中で、まったくふるわないのが竹内結子主演の「ダンダリン 労働基準監督官」。
初回から11.3%と数字が伸び悩み、第2話と第3話が7%台に沈んでいる。
「社会問題となっているブラック企業に立ち向かう竹内演じる主人公のドラマが話題性十分と踏んでいたが、『リーガルハイ』の裏番組になってしまったこともあって、まったく数字が取れなかった。日テレとしては松嶋菜々子主演の『家政婦のミタ』並に話題になることを見込んでいたようだが…」(テレビ誌記者)

同局のドラマでは放送初回まで主演女優を明かさなかった優香主演の「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」は第2話から3%台に沈み、メンバーの田中聖が脱退したばかりのKAT-TUNの亀梨和也主演の「東京バンドワゴン 下町大家族物語」も初回1ケタとドラマが総崩れとなってしまった。

(テレビ復帰でも先行きが不安なのりピー)
のりピーこと女優の酒井法子が19日、フジテレビのバラエティー番組「さんまのまんま」に出演した。

薬物事件で執行猶予付きの刑を受け、執行猶予明けに芸能活動再開後、初めてとなるバラエティー番組出演となり、司会の明石家さんま相手に笑顔をはじけさせたが、まだまだ事件の影響は仕事に暗い陰を落としているようだ。
「今回はさんま直々のオファーだったので、出演できたが、まだまだテレビ各局はスポンサーからのクレームを気にして酒井を使うのが難しい。酒井は今後、中学生の1人息子にいろいろ金がかかるので、とにかく稼がなければならないが、テレビのオファーがないため、パチンコ店での営業をこなしたり、地方のホテルでのディナーショーに出演したり仕事を選んでられない状態。事件の際、1週間ほど逃亡したのが決定的なイメージダウンにつながってしまったようだ」(週刊誌記者)

薬物に手を出したことを今になって後悔しているに違いない。
記事を確認する。 (ネタりか より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。