So-net無料ブログ作成
検索選択
ラストシンデレラ 視聴率 10話 ブログトップ

ラストシンデレラ 視聴率 10話 [ラストシンデレラ 視聴率 10話]

ラストシンデレラ 10話 視聴率
ラストシンデレラ 最終回目前で番組最高16.1%記録!


篠原涼子(39)主演のフジテレビ系連続ドラマ「ラスト・シンデレラ」(木曜後10:00)の第10話が13日に放送され、平均視聴率が番組最高の46.1%を記録したことが14日、分かった。
最高瞬間視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

初回(4月11日)13.3%でスタートし、以後は第7話の15.7%まで一度も数字を落とすことなく視聴率がアップしていた同作。
これは視聴率がデータ化された1989年以降、民放の連続ドラマで史上初の快挙だった。
第8話で14.8%と一度は落としたが、第9話で番組最高の15.9%を記録し、今回でさらに番組最高を更新した。

仕事ひとすじで正義感にあふれるが、恋には臆病という彼氏いない歴10年のヒロイン・桜(篠原)が年下の男性・広斗(三浦春馬・23)との出会いをきっかけに、恋に仕事に奮闘する姿を描くちょっぴりエッチなラブコメディー。
藤木直人(40)、大塚寧々(44)、飯島直子(45)、菜々緒(24)、お笑いコンビ「ココリコ」遠藤章造(41)らが出演。

第10話は、千代子(菜々緒)の指示で広斗(三浦)が自身に近づいたことを知った桜(篠原)が、広斗への思いをあきらめようとする。
広斗は、桜への思いは途中から本物だと訴えるが、涙ながらに桜への気持ちを断ち切ろうとする。
ニューヨーク支店に転勤が決まった凛太郎は桜に「好きだ」とついに告白し、一緒にニューヨークにこないかと告げるが…という展開だった。

最終回(20日放送)の結末について、中野利幸プロデューサーは「来週の最終回では、桜は、一人で生きていくという道を選ぶことはなく、広斗か凛太郎のどちらかを選びます」。
また、今後の続編やスペシャル番組については「今のところ考えておりませんので、来週で見納めとなります」と語っている。
桜は広斗と凛太郎、どちらを選ぶのか?最終回は15分拡大。

日本ブランド戦略研究所が4月1日~6月9日に行った調査で、各テレビ局の公式サイトのネット視聴率トップ。
「桜は広斗と凛太郎、どちらを選ぶのか?」、公式サイトで投票を受付中。
記事を確認する。 (Yahoo! ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ラストシンデレラ 視聴率 10話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。