So-net無料ブログ作成
あまちゃん ネタバレ 小ネタ ブログトップ

あまちゃん ネタバレ 小ネタ [あまちゃん ネタバレ 小ネタ]

あまちゃん ネタバレ 小ネタ
あまちゃん 人気のワケは? 小ネタ満載、視聴者に“神の目


視聴率20%超を連発して快走するNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が、6月下旬から物語後半の「東京編」に突入した。
訓覇(くるべ)圭チーフ・プロデューサー(46)とドラマ評論家の成馬零一さん(36)の話を交えながら、新しくて懐かしい「あまちゃん」ブームの謎を探ってみた。(三品貴志)

◆音楽
軽妙なオープニングテーマはネットでの先行配信が人気を集め、6月19日発売のサウンドトラックアルバムは、発売初週で朝ドラ史上初のオリコン売り上げ5位に入った。
作中での音楽も注目の的だ。
アキ(能年玲奈)の母、春子(小泉今日子)がアイドルを目指していた1980年代を描く際には、松田聖子の「青い珊瑚礁(さんごしょう)」やYMOの「君に、胸キュン。」といった楽曲が本人の映像とともに流れ、懐かしさを刺激している…

◆小ネタ
「宮藤さんの脚本は小ネタが多く情報密度が高い。1時間ドラマでは濃すぎた内容も、15分の朝ドラではちょうどよくなり、見やすさにつながっている」と成馬さんは分析する。
小ネタとは、作中に織り交ぜられた細かい伏線や演出のこだわりだ。
漁協を海女カフェにリフォームする場面では、テレビ朝日系「大改造!!劇的ビフォーアフター」のBGMを使うなど、オマージュ(敬意を込めた模倣)も目立つ…

◆不安
凝った演出には、80年代と平成20~21年という2つの時代を緻密に描き出す意図があるようだ。
作品上の「現代」に当たる20~21年でも、テレビでリーマン・ショックが伝えられたり、スマートフォン(高機能携帯電話)が登場したりと、「ちょっと懐かしい」と思わせる仕掛けが満載。
訓覇さんは「時代の風俗をきちんと描くことで、視聴者が過去を思い出すきっかけになれば」と話す…

◆正統
成馬さんは「小ネタが注目されがちだが、基本は幅広い年齢層に受け入れられるホームドラマ。脇役一人一人も主人公のように丁寧に描かれている」と話し、ドラマが朝ドラの“正統”であることを強調する…

■民放ドラマも復調の兆し
「あまちゃん」ブームとともに、近年視聴率で苦戦してきた民放ドラマも復調の兆しを見せている。
特にフジテレビは、「ガリレオ」と「ラスト・シンデレラ」が4月クールの民放連続ドラマの平均視聴率1位と2位を占め、「ラスト-」は7週連続で視聴率が上昇するという民放新記録も打ち出した…
続きを読む--- (Yahoo! より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
あまちゃん ネタバレ 小ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。