So-net無料ブログ作成
風立ちぬ 映画館 興行収入100億円突破 ブログトップ

風立ちぬ 映画館 興行収入100億円突破 [風立ちぬ 映画館 興行収入100億円突破]

風立ちぬ 映画館 興行収入100億円突破
風立ちぬ 興行収入100億円を突破!邦画としては 崖の上のポニョ 以来の快挙


長編映画からの引退を発表した宮崎駿監督、最後の映画作品『風立ちぬ』が、9月11日(水)、公開から54日間で観客動員数800万人、興行収入100億円を突破した。
7月20日の公開以来、爆発的なヒットを飛ばし日本中で旋風を巻き起こしているスタジオジブリの『風立ちぬ』。
7月20日(土)から9月11日(水)、公開54日間の累計では、全国454スクリーンで上映、動員は810万人、興収は100億3060万円を記録している。
興行収入100億円突破は、邦画としては2008年7月19日に公開された宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』(東宝)以来の快挙。
邦洋合わせると2010年7月10日に公開された『トイ・ストーリー3』(ディズニー)以来の大記録となった。(興行通信社調べ)

8週目に入っても全国で若者から大人まで幅広い層を取り込み、さらにはリピーターも続出するなど、全く落ちのない興行が続いている。

また、先日9月6日に行われた宮崎駿監督の引退会見により、監督最後の映画作品となった本作を観ようと、9月7日(土)、9月8日(日)の週末2日間の興収が前週比134.5%と異例の伸びを見せ、週末興行成績では7月20日(土)の公開から8週連続1位をキープ。
8週連続首位は邦画としては同じく宮崎駿監督の『ハウルの動く城』(2004年11月公開)が記録した9週連続記録に次ぐ成績である。

この勢いは収まることを知らず、夏休みが終わった平日でありながらも好調な動きを見せていて、この勢いで推移すれば9月中での動員1000万人突破も射程圏内に入ってきた模様。
10月以降の興行成績次第では、『崖の上のポニョ』に迫るメガヒットも期待できるかもしれない。
記事を確認する。 (ネタりか より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
風立ちぬ 映画館 興行収入100億円突破 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。