So-net無料ブログ作成
検索選択
堺雅人 リーガルハイ 長期シリーズ化構想 ブログトップ

堺雅人 リーガルハイ 長期シリーズ化構想 [堺雅人 リーガルハイ 長期シリーズ化構想]

堺雅人 リーガルハイ 長期シリーズ化構想
堺雅人、『リーガルハイ』長期続編プラン熱弁「ダラダラ食いつないでいきたい」


俳優・堺雅人が3日、都内で行われたフジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』(10月9日スタート、毎週水曜 後10:00※初回30分拡大)の完成披露試写会後、舞台あいさつに出席し、同作をライフワークにするかのような壮大な長期シリーズ化構想をぶち上げた。

同作は、堺演じる偏屈で毒舌だが、訴訟の勝率100%の敏腕弁護士・古美門と、女優・新垣結衣演じる要領は悪いが真面目で正義感の強い弁護士・黛の凸凹コンビが活躍する法廷コメディードラマ(2012年4月期放送)の続編。
前シリーズに引き続き、脚本を手がける古沢良太氏が考えた新シリーズのテーマは「LOVE(ラブ)」となっている。

堺は「前回がよる9時からの放送で、シーズン2が10時なので、僕の希望ですがシーズン3は11時枠で、放送時間が深くなるとともに僕と新垣さんのいろんな関係も描かれ…。
それからシーズン4で一気に7時枠に持っていって、結婚するというのを勝手に考えています。
シーズン2は、そのLOVEの序章であると勝手に思っています」と妄想をふくらませ、熱弁した。

今回の第1話の冒頭では、法廷でアイドルのダンスと歌を披露したり、7月期に堺が主演し、社会現象となる大ヒットを飛ばした『半沢直樹』(TBS系)を彷彿とさせるシーンがあったり、ちゃっかり時勢に便乗。

堺は「せっかく甘い汁を吸っている企画ですから、今後ダラダラと続編で食いつないで行きたいと思います。なんなら、(結婚後の)子どもたちの活躍も描いて、子役の人に頑張ってもらって、2回に1回くらい出て、ギャラをせしめる。1シーンくらいだったら早口のセリフがあっても頑張れるかな」と語り、笑いを誘っていた。

舞台あいさつには、堺のほかに、新垣、岡田将生、田口淳之介、松平健が出席。
黛に興味を示すゆとり世代の弁護士役で新レギュラーに加わった岡田は「古美門先生と黛先生を家族にさせてたまるか、俺は負けね~」と堺に宣戦布告し、場を盛り上げていた。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
堺雅人 リーガルハイ 長期シリーズ化構想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。