So-net無料ブログ作成
夏ドラマ 2013 評価 ブログトップ

夏ドラマ 2013 評価 [夏ドラマ 2013 評価]

夏ドラマ 2013 評価
夏ドラマを総括! 『半沢直樹』を超える作品はあったのか? -ベスト&ワースト作品発表


●ベストは『半沢直樹』ではなく……
もはや説明不要の『半沢直樹』が話題をさらった夏ドラマ。
今世紀最高の視聴率以上に、「続編を望む熱狂的な声」や「ロケ地をめぐるファン続出」など、いまだ盛り上がりを見せている。

話題もつい『半沢直樹』に集中しがちだが、今クールは他にも質の高い作品が多かっただけに、改めて振り返ってみたい。
ベストからワーストまで、「視聴率や俳優の人気は一切無視!!」の連ドラ評論家・木村隆志が探り、ガチ採点する。

『半沢直樹』快進撃の理由は、「なぜ『半沢直樹』は『ミタ』を超えたのか?」に書いたが、私が今クールの最優秀作品に挙げたいのは、脚本・演出・演技の力が見事に一体化した『Woman』。

誰の身にも起こりえる不幸を静かに淡々と、しかし、鋭く深く……。
練りに練られたセリフの応酬と、名優たちの熱演で見事に描き切った。
一方の『半沢直樹』は、エンタメ性を極限まで追求した演出こそ出色であり、俳優の演技でも互角だが、脚本そのものはスタンダード。
冷静に考えてみると、半沢の敵役たちは分かりやすい弱点を抱えていた。
両作品とも素晴らしいことに変わりはないが、ここでは「何度も見ても発見がありそう」「難しいテーマに挑んだ」『Woman』を支持したい。
また、月曜20時というチャレンジが難しい枠でさまざまなトライが見られた『名もなき毒』、医療モノ特有のリアリティに爽快感を加えた『DOCTORS2』も、続編が期待される良作だった。
一方、ウラ最優秀作品は、『ショムニ2013』。
キャスト一新、「恋愛第一主義」OLの継続など、演出の全てが裏目に。
上司にたんかを切る主人公の姿は『半沢直樹』と同じだが、こちらは正義も悪も小物ぶりを感じた。
また、『なるようになるさ』は、悪い意味で話題になった浅野温子の演技以上に、登場人物のキャラ設定が古く、予定調和の結末にガッカリ。
設定の古さは『SUMMER NUDE』も同様。
海の家での恋愛、元恋人への強烈な未練、歯の浮くようなセリフなど、90年代の恋愛ドラマそのものだった。

【最優秀作品】『Woman』 次点-『半沢直樹』『名もなき毒』
【最優秀演出】『半沢直樹』 次点-『DOCTORS2』
【最優秀脚本】『Woman』 次点-なし
【最優秀主演男優】堺雅人(『半沢直樹』) 次点-沢村一樹(『DOCTORS2』)
【最優秀主演女優】満島ひかり(『Woman』) 次点-なし
【最優秀助演男優】滝藤賢一(『半沢直樹』) 次点-國村隼(『スターマン』)
【最優秀助演女優】田中裕子(『Woman』) 次点-江口のりこ(『名もなき毒』)
ちなみに、【ウラ最優秀作品】は、『ショムニ2013』 次点-『なるようになるさ。』『SUMMER NUDE』
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
夏ドラマ 2013 評価 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。