So-net無料ブログ作成
検索選択
リーガルハイ 視聴率 2話 初回に及ばず ブログトップ

リーガルハイ 視聴率 2話 初回に及ばず [リーガルハイ 視聴率 2話 初回に及ばず]

リーガルハイ 視聴率 2話 初回に及ばず
リーガルハイ 第2話の視聴率16.8% 初回に及ばず


俳優の堺雅人さんが主演を務める連続ドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系)の第2話が16日に放送され、平均視聴率は16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
初回に記録した平均視聴率21.2%に及ばなかった。

ドラマは2012年4月期に放送された弁護士コメディーの新シリーズ。
堺さんが演じる偏屈で毒舌な上に気分屋で超わがまま、しかし訴訟では負けない古美門研介と、新垣結衣さん演じる社会正義の使命に燃えるが融通の利かない黛真知子の凸凹コンビが活躍する。
新シリーズには、保険金殺人の罪で死刑判決を受けた悪女の安藤貴和役で小雪さん、古美門、黛のライバルになっていく“ゆとり弁護士”の羽生晴樹役で岡田将生さんらが出演している。

第2話は、被告の貴和(小雪さん)を訪ねた古美門(堺さん)と黛(新垣さん)が事務所に戻ると、服部(里見浩太朗さん)が、IT企業を設立して数々の一流企業を買収して大成功を収めたものの、インサイダー取引や所得隠しの容疑で逮捕され、実刑判決を受けた鮎川光(佐藤隆太さん)が起こす訴訟にからみ、法律事務所に依頼が飛び交っていると教えられる。
古美門と黛は、鮎川の元に行き、訴訟代理人の売り込みをする……という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
リーガルハイ 視聴率 2話 初回に及ばず ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。